避難はしご

院生とフリーターの重ね合わせ状態

2018年振り返り

こっちのブログ何ヶ月放置してんのって感じではありますが2018年の振り返りをやっていきます。

概観

個人的にはかなり激動の年だった。

  • 単位揃えてギリギリ大学卒業
  • 大学院入学後に即退学
  • 東大院試合格
  • 上京
  • 働きたかった現場でバイトしてる

など、前半期沈んだ分、後半ではここ数年内でかなり楽しい年だったのではないかと思う。
楽しさの揺り戻しは来年きっとくるのだけど、まあこの記事は「振り返り」だから気にせずに行きましょう。  

出来事

大学卒業(3月)

無事に大卒になりました。おめでとう僕。
正直馬鹿みたいにサボってたせいもあって本当に卒業ギリギリだったけど、

  • 指導教官がしばきまくってくれたこと
  • 所属していたカリキュラムが一度にたくさん単位を取れるようになっていたこと
  • 友人や後輩が死ぬほど助けてくれたこと

もあって無事に卒業できました。

各位マジでありがとうございました。

大学院入学&退学(5月)

大学院に入って2ヶ月でやめました。
ウケる(ウケない)。

まあやめるだろうという予感はなんとなくあったのでやめること自体にためらいはなかったけど、その踏ん切りがずっとついてなかった。
先輩や友人に相談して、まあマズイ選択ではないだろうということで辞めました。

詳しい経緯とかはもう一個のブログを読むか、僕をご飯に連れて行くかしてください。
いくらでも喋ります。

院試再受験(8月)

大学院をやめるにあたって次に行く場所が必要で、その際有力候補が「大学院」だった。
もう一度大学院に入るには、もう一度受験をしなくちゃいけなくて、その勉強が辛かった。ような気がする。
でも勉強し直して、自分は何もわかってなかったなぁということが改めてわかったので、その点は良かったと思う。
大学院やめた人間が大学院もう一回行くんか、って感じだったけどいろいろな選択肢を考えた上で選んだので特に後悔はしてない。
嘘、若干後悔はしている。
まあこの選択肢が上手く行くか行かないかは来年の僕にかかっている。

上京(9月)

このスピード感やばくないですか?
僕はやばいと思う。

大学院を受験する時点で、秋に上京する決意をしていた。
運の良いことに、東京には僕と仲良くしてくれる友達がたくさんいて、住まわせてくれる親戚もいて、本当にたくさんの人のお陰でこんな衝動的な上京が許されているのだと思う。
さっさとたくさんのコンテンツに触れたい、という思いがあったので、善は急げでさっさと来てしまった。 東大を受けたのはアキバから一番近い大学だからだ(半分本当)。
実際今めちゃくちゃ楽しんでいるので、この決断は人生で一番の英断だったと思う。

ゲーム会社で働ける事になった

フリーターなので正規雇用ではないけど、とてつもないラッキーである。
しかも僕が就職したいと思っていた会社なので尚更ラッキーである。

最初はエンジニアに申し込んでいたが、巡り巡って総合職に回されることになった。
実はゲーム業界のこと何も知らなくて、なんなら「ゲームプランナー」という職業があることも知らないまま飛び込んだが、これが案外面白い。
色々大変だしやらかすことも多々あるけど、雰囲気が良いのでやっていきやすい。

ほんの少しだけど、「大きなタイトルに作り手として関われている」ってこんなに気持ちいいんだな、と思った。
できれば大学院行き始めても続けたいけど余裕あるだろうか…

現場

本当はブログ記事にしたかったけど途中で力尽きてしまったものを下に一気にまとめます。

バンプ(1月)

友人と行ったやつ。 やっぱこれだね、って感がありました(語彙力)。 バンプの音楽は僕と友人たちを友人たらしめてくれているような気がしていて、僕にとっては大事な音楽。  

しんげきスプフェス(3月)

後輩とラボの友人を無理やり引きずって連れて行った記憶がある。
めっとくんと会ったのもここだった気がする。
ライブ自体の印象はそんなに強くないけど、色んな人と会ったなあ、ということは覚えている。
自分が楽しむだけじゃなく、コミュニティの幅を広げられる現場ってのはいいですね。

アジカン(7月)

僕の大好きなバンド。
何かを強制することなく、自分の楽しみたいようにゆらゆらと揺れながら聴ける最高のライブ。
コールアンドレスポンスみたいなのもいいけど、アジカンみたいに揺れながら音が頭を通り抜けていく感覚を楽しむのもまた一興。

SS3A

デレステ3週年ライブ。
この頃はまだ福岡に住んでいたので、わざわざ現地まで行くのめっちゃしんどかったけど、結論としては行ってよかったなぁと思った。
詳しいことは別記事に書きました。

ladder-frck.hatenadiary.com

ナナシス4thディレイ(11月)

気になりつつも、実は一回も行ったことなかった。
パフォーマンスで殴るというよりは、みんなで楽しくフェスしようぜ、って感じだった。
でも曲が良いってのは強いですね、次も行きたいなぁという気持ちになった。
あと曲がバンドの生演奏だからあの現場でしか感じられない曲の雰囲気とかがあるんだと思う。
尚更行ってみたい。

 

シンデレラ6th(11月、12月)

いつもの。
規模が大きくなっていく一方のコンテンツについていくのはかなり大変で、正直曲の予習なんて全然できていなかった。
なんとなく、ライブ全体ではなくてその中にある僅かな美味しい部分だけを食べに行っているような気がする。
このコンテンツの良いところを「コミュニティの居心地がいい」というところに見出し始めてるかもしれない。
実際ライブよりその後の飲み会のほうが楽しかったし…
まあ、何であれ来年も付き合っていくような気はする。
 

サンドリオン(12月)

沼に頭から突っ込みに行きました。
さっき記事書いたのでそっち参照。

ladder-frck.hatenadiary.com

 

冬コミ(12月)

本格的にコミケに参加したのはこれが初めてだったりする*1
財布の紐がゆるゆるだったので島買いするなどしてしまったけど、普通に読んでて楽しい気分になれたので実質無料。
同じカテゴリで一緒に回ってくれる友人がいると数倍楽しいですね。
3日目寝坊してすみませんでした。

まとめ

激動の2018年。
大学卒業とかかなりしんどいこともあったけど、結果的にやりたいこと適度にやれてるし、それなりに充実した生活を送っている。
終わりよければ全てよしを体現した年だったと思う。
来年反動で死にそうだなぁ、とか思ってるけど、まあそこは来年の僕がなんとかしてくれるでしょう。

抱負

来年は「楽しいを諦めない」をモットーにやっていきたいと思います。
多分大学院生活とバイトと両方やるのめちゃくちゃヤバそうな気がするけど、でも絶対その先にある楽しいは捨てたくないなぁというざっくりとした雑な決意表明です。
今の刹那的に生きる感じはもう少し改善したほうが良い気がしますが…
その他具体的なものとしては「何かしら一本作品を作って世に出す」ですね。
いつかそのうち…と途中で放置してるものが大量にあるので取り敢えず完成させてさっさと世に出します。

2018年お世話になりました。お疲れ様でした。
2019年もやっていきましょう。
来年もよろしくどうぞ。

*1:今までは行きたいとこだけ回るor代行してもらう事が多かった