避難はしご

院生とフリーターの重ね合わせ状態

外進生から見た東大

はしごちゃんです。
東大の正規生になってから二ヶ月が経ちました。
あんまり自覚がないです。
 

一応10月からゼミとかしてたものの、正規学生としての活動は4月からなので、そこから現在の間で得た気付きを書きます。
基本的に前いた大学との比較です。

 

スケールがでかい

マジでこれに尽きる。
取り敢えずいくつかに分割して書きます。

 

教員の数がハチャメチャに多い

理学部・理学研究科で言うと具体的には、教授准教授が合わせて158名*1
ちなみに九大理学研究院は98名。

教員が多いってことは選べる研究室も多い。 同分野でもほんの少しやり方が違う先生がいたりなど、そんな細かい選び方もできる。 僕は今のところ、自分が選んだ研究室に満足している。

 

学生も多い

学科だけで比較すると、前の大学の倍くらいいるっぽい *2
物理に関して言えば学部生よりも院生の人数の方が多い。
これは内進生に限らず広く大学院の門戸を開いていることを意味している。
色んな学びを持ってる人が集まるので、結果的に知の向上が狙えるのだと思う。

選択肢が多い

授業がこんなに選べるのが信じられない。
前いた大学は院生の取る授業はほぼ固定だったのに対して、東大はかなり選択肢が多い。
同時に入学した同分野の同期と授業が被っているのは3つだ。
それくらいに充実している。
前に書いた教員の数がもろに影響しているのだと思うけど、それにしても教員が熱心。

 

金がある(ように見える)

これは多分見え方の問題もあるとは思う。
日本にある大規模実験などの大型プロジェクトの大体は東大の教員が絡んでるからそう見えるんだと思う。
まあそれを差し引いても、学内の設備とかを見る限り東大はかなり金をかけてもらってる方だと思う*3

 

研究所(もしくはそれに準ずるもの)が多い

実際僕が所属しているのも研究所だ。
研究所があると、近い研究をしてる人とスムーズに情報共有できるし、研究者が集まってきやすい。

 

施設が充実している

図書館がハイパー綺麗。
あと「◯学部N号館」のNがかなり大きい数字まである。
学内にはスタバもドトールもローソンもあるし、自然も豊か*4だ。
こんな都会にある環境としては最高なんじゃないだろうか。
 

個人的なお気に入りスポットは三四郎池です。
ベンチに座って木の匂いを嗅いで、池を眺められる場所が東京にあるんですね。
最近虫が増えてきてゆっくり本も読めなくなってきましたが……

ところで一昨日タヌキを見ました。

立地

さいこ~~~!!!!!!!!(IQ5)
あとキャンパスが平ら~~~~!!!!!!(IQ3)*5
もう少し欲を言うなら駅からもう少し近くなってほしい。
東大前駅から研究室まで1kmさえもだるくなってしまった……

けどやっぱり歩いて秋葉行けるし、何よりも近所にカフェとかごはん食べれる場所があるのが最高。
用心棒(二郎系)がめちゃくちゃうまいんだけど、食べ過ぎると太りそうなので我慢しています。

 

人間について

教員に関しては割とどこの大学でも同じような人たちだと思う。
ほんの少し精神的な余裕があるように見えるくらい。多分金とか抱える学生の数とかのリソースの違いだと思う。

学生は割と癖がある人が多い。
多いってだけで大半は普通の人ですが。
さんまの番組に出てたような人達は観測範囲内ではあんましいない。
  あとは、他人を見下すというよりも自分に自信のある人が多いと思う。
 

 

周りからの評価

お気持ちパートです。
最後のセクションなので、苦手な人はここで退却してください。お疲れ様でした。

 

 

本文です。 最近東大の研究成果とかが知りたくて、ニュースアプリで「東京大学」というワードを購読対象にしたんですけど、まあろくな記事が流れてこない。

「東大卒の○○」「東大女子の○○」「東大生は○○をしていた!?」みたいなのばっかり。

僕の主観でしかないけど、多分世間は「東京大学」という言葉を「大学(もしくは研究機関)」としてではなく「肩書き」を表すものとしか認識していない。
恐らく学部で本物の戦争を勝ち抜いてきた人達はこういう目でずっと見られてきたんだろうなぁ、と思うと居たたまれない気持ちになった。
そう考えると例の入学スピーチにも思うところはありますが、言及はこれ以上しません。

 

 

その他

これは戒めですが、いくら外部生と言えども「僕なんて大したことないですよw」みたいな謙遜は絶対にしないようにしている。
多分それは恐ろしい数の人間の努力を踏みにじることになるので。

肩書きを武器として他人に振るうのは間違ってるけど、褒められたなら素直に「ありがとうございます」と言っておけばいい。
そうは言えどもやっぱり肩書きに自分が見合ってない気がするので、未だに身分証明で学生証を出すことが憚れる……

 

まとめ

定量的に議論できているのはスケールのとこだけなのでアレですが、それ以外抜きにしても本当にいい大学です。
改めて言うことではないと思うけど、やっぱり現代のシステムとしての大学では一番歴史があるし、恐らくトータルで注ぎ込まれてる金も一番多い。
集まってる人たちもやっぱり(頭脳は)最高クラスの人たちが集まってるので刺激を受けることも多い。
 

……なんてめっちゃ褒めてますが、僕は週の半分以上をバイトに、残りを地獄インターネットに捧げているので全くその権利を活用できてない。
金とやる気をくれ。

 

おわり。

*1:https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/overview/data.html より。

*2:毎年120人くらい。

*3:この点に関しては、九大もかなり金をかけてもらってた気がするので比較としては弱い気がする

*4:九大は自然が豊かというよりも自然そのものだった

*5:前いたキャンパスは山の斜面にあったので、地味に嬉しい。