避難はしご

院生とフリーターの重ね合わせ状態

滞在記1日目:20190813

現地時間21:56です。
結局昨日はホテルに着いてブログを書いてからすぐに寝てしまった。
今日も書いていきます。

宿

空いている部屋の都合上、上から二番目のグレードのところに泊まったのですごく快適だった。
家の布団よりもふかふかで、かなりぐっすり寝れたと思う。
ただ時差ボケなのか、初日に遅刻するのが怖いからなのか、結局何度か目が覚めてしまい、6時くらいには完全に起きて、7時くらいに布団から出た。

一通り準備して暇になったので、30分くらい構内を散歩した。
見慣れない丸坊主のアジア人がニヤついた顔でキョロキョロしながら歩いてるので相当な不審者に見えたのだろう、すれ違う人たちにすごい目で見られていた(ような気がする)。
見たのはレストランとその周り。
値段が高そうで怖かったので眺めただけですが。
一番安いコーヒー(サイゼにあるようなコーヒーマシンで淹れるやつ)で1.7CHFでした。たけー。

あとHotel Receptionの中庭にシヴァがいた。なぜ?*1
シヴァの後ろからはCERNの敷地の外が見えて、そこにひまわり畑らしきものが見えた。
自転車を手に入れたら行きたい。

朝ごはんは、日本から持ち込んだご飯のパック(常温(常温だとまずい))にレトルトカレーをかけて食べました。

昼間

ユーザー登録やらCERNカードの発行やらで構内をうろちょろしながら一通り手続きを済ませた。
その際に色々な建物を見たのだけど、基本24時間空いてるらしく、本当に環境としては恵まれてるなぁと思った。
買い出しにも出かけたけど、フランス側はそれなりに物価が安かった。
記念にフランスパンを買いました。0.7ユーロ。やすーい。

歓迎会を開いていただきました。
食事も普通に美味しいかった。

かなり人が多いので名前覚えるの大変そう。
でも喋った感じみんないい人そうでよかった。

あと眠い、ひたすら眠い。時差ボケ。

気づき

スタッフの人たちがフランス語

英語は若干通じる程度。
てかそもそも僕の英語も拙いので言語だけではコミュニケーションが難しい。
とりあえず「シルブプレ」の使い方を覚えました。

結構日本車が多い

研究所が広いのでみんな車に乗ってるのだけど、その日本車の割合が結構高い。
日本車っていうかトヨタ車。一応ホンダと三菱はほんの少しだけ見かけた。
多分一番多いのはプジョーっぽい。
あとバイクはホンダしか見てない。

寒い

寒い。
エアコンも入れてない状態でかなり暖かかったので、「お、意外とスイスの気温過ごせるじゃん」と思ってウキウキで外でたらめちゃくちゃ寒かった。
どうやら朝方は15度くらいしかなかったらしい。夏ですよね????

自販機がクレカに対応している

すげー!!!超便利。
ちなみにパリのシャルルドゴール空港も同じようにクレカで買えるシステムだった。
まあ便利だろうと高いので買いませんが。
飲み物が200円以上するのやばい。
あと水より牛乳の方が安い。

トイレの位置が高い

足が短いので爪先立ちしないと届かない。

その他

CERNでは結構な数の地元の人が働いているので、日本もILC作ればかなり雇用が生まれるし、ある程度日本語を理解してくれる人が増えるのになぁとか思った。

あと個人的な話だと、若干体調が悪い気がする。

残金

400ユーロ
410CHF+20CHF

昨日の記事

ladder-frck.hatenadiary.com

次の日の記事

ladder-frck.hatenadiary.com

*1:インド政府の寄贈らしい。