避難はしご

院生とフリーターの重ね合わせ状態

滞在記12日目:20190824

おととい投稿しなかったやつです

今日はおやすみなので、すぐそばのジュネーヴ市街を観光しました。
この日だけで山と海(湖)を制覇したので、日本でできなかった夏を取り返した感じがする。
馬鹿楽しかったけど疲れ過ぎたので帰ってきて即寝しました。

基本情報

昼間の気温:28度
昼間の天気:晴れ
暑い。

8時にCERN前集合だったので、7時半くらいに宿を出る、つもりだったけど15分くらい遅れて出た。
けど結局全員遅刻してきて、僕が一番乗りになった。
時間感覚的に、遊びとかに付き合いやすいなぁーとか思った。

トラムに乗ってジュネーヴ市街へ向かう。

午前:ジュネーヴ市街

旧市街

一番最初に旧市街を回った。
街並みがすごく好きな石造りの洋風建築でずっと興奮しっぱなしだった。

坂道とか、狭い薄暗い道とか、そういうのにすごく興奮する。

サンピエール大聖堂

同期がおもちゃ屋さんに入ったのだけど、僕は興味がなかったので5分くらい別行動することにした。
自分好みの狭い坂道をどんどん登って行ったら、すごく綺麗な教会があった。
そこからはジュネーヴ市街の街並みと大噴水が見えて、すごく感動したので全力ダッシュして同期のところに戻ってそのことを伝えた。

結局そこにいくことになって、入り口まで行ってわかったのが、この教会はサン・ピエール大聖堂というカルヴァンが拠点にした超有名な教会だった。
そんなことある????

聖堂内部

内部はすごく広くて、壮大なパイプオルガンの音が響いていた。

5フラン払えば塔の上に登れるようになっていて、狭い螺旋階段をぐるぐると回って両端の塔に登った。
右側の塔の頂上では机に伏せて何かを叫びながら唱えている人々(懺悔?)がいて、もう片方からはジュネーヴが一望できた。

日中:サレーヴ山

大聖堂を見た後は、街中をぶらぶらして、バスに乗ってサレーヴ山に行った。
サレーヴ山は1400mくらいの山で、麓には市街から20分くらいのところにある。
麓と展望台(1100mくらい)にはロープウェイが繋がっていて、ものの数分で到着できる。
が、我々はアホなので登山道で登った。
登ったのは多分800mくらい。高尾山よりたけー。
しかしこの選択は大きな過ちだったことにのちに気づくことになる……

登山道中

崖、ただひたすら崖。
道じゃなくて崖。
地面が土じゃなくて岩。
勾配もやばい。

膝の爆弾を先週爆発させてしまっているのでバカみたいに痛いし、若干雰囲気悪くなってくるし、道に迷うし、割と散々だった。
英語が通じない現地のおじいちゃんに身振り手振りで会話して道を聞いたり、お姉さんたちと道を探しながら、2時間半くらいかけてやっと到着。

すごく大変だったけど、その道のりに見合うだけの最高の景色が見られた。

山を降りようとしてロープウェイ乗り場に行ったら、偶然先輩が登ってきて「ああ、これが甘えか」と思いました*1。ゆとりをなめるな。(?)

帰りのロープウェイは、同乗した犬とひたすら戯れていました。

夕方:ジュネーヴ市街

レマン湖大噴水

下山して、バスに乗りそのままジュネーブ中心街へ。
散々レマン湖の噴水を見て若干飽きてきた感はある。
というか街のどこからも見えるの、普通に景観を破壊していませんか?

とは言いつつも、観光名所なので噴水の根元まで行ってしっかり観察してきた。
やっぱり高さがバカ。
写真じゃ本当に伝わらないくらいでかい。

レマン湖遊泳

レマン湖の噴水も見たし、やることないなぁ。
暑いよなぁ、と話してたら「泳ぎませんか!?」となった。
自然な流れ。
でも誰一人として水着を持っていないので、わざわざスマホ衣料品店を探して短パン(水着ではない)を買いに行った。
が、そこは女性物しか売ってなくて僕は何も買えなかったので、レマン湖まで戻る道で水着が売ってなかったら、パンツ一枚で泳ぐ覚悟を決めた。

しかし幸いにも水着を売っている店が見つかり、無事に(?)泳げることとなった。
泳ぎ始めたのは18時半、バカかな?
でもこっちの18時半は普通に明るいし暑いし、最高の遊泳日和。

入ってみると、すごく透明で冷たかった。
真水だから変な味もしないしベタベタしないし、本当に泳ぎやすくて快適。
淡水湖が快適すぎてもう2度と海に入る気がしない。

ガチ泳ぎしたり、潜水したり、飛び込みして全身打ち付けたり、多分1時間半くらい泳いだ。

レマン湖から上がって、浜辺のステージでやっていたバンドを聴いた。
最高の夏かよ。

そのままチキンのお店で晩御飯を食べて、ゆっくりと帰宅。
CERN駅からはまた歩いて帰りました。  確か11時くらいに帰宅した気がする。お疲れ様でした。

その他、感情

山、湖、これを1日でやるなんて思いもしなかったし、実際死ぬほど疲れたけどすごく楽しかった。

ジュネーヴ、夏だけなら本当に住みやすくて最高に最高ですね。
山も海もあって、人もそれなりにあったかいし、治安もいいし、国際都市と言うだけあって多様性がある。
まあ友人と一緒だからこそ楽しかったってのが大きかった気がするけど。

残金

195フラン+22フラン(貸し)
335ユーロ

昨日の記事

ladder-frck.hatenadiary.com

次の日の記事

ladder-frck.hatenadiary.com

*1:全然怒ってないです。できる楽はするべき