避難はしご

院生とフリーターの重ね合わせ状態

2019行ったイベントとかライブとか起きた出来事を雑に振り返る記事

ブログをまともに更新せずに数ヶ月が経とうとしている。
年の瀬なので毎年書いてる奴を書こうとおもます。

2018年はこんな感じでした。

ladder-frck.hatenadiary.com

1、2月

だいたい以下の感じです。

ladder-frck.hatenadiary.com

1月

2月

だった。もう一年近く前のことなのでそこまで強烈に印象に残ってるものはあんまりない。
強いて言えばりーでぃんぐぱーてぃのために東京に戻ってきたら武田さんがインフルで欠席されたことだろうか。

個人的な出来事としては、前いた大学に退学届を出したこと。
前のボスにお礼を言いに行った時にいただいた本をたまに読み返しているが、まだ真意は汲めていない。
曰く「そのうちわかる」らしい。
星の王子様的な本なのだろうか。

なんであれ、色々けじめをつけた月だった。

3、4月

だいたい以下の感じ。

ladder-frck.hatenadiary.com

3月

4月

一番印象に残ってるのはWUGのライブ。
正直チケが余ってるということでなんとなく行ったのだけど、すごく心に刺さるものが多かった。
特に田中美海さんが最後のお手紙で言っていた「人一人の人生では経験できないこと」というフレーズが印象に残っていて、やってきたことの大小ではなく、人と何かを作り上げるのがエンターテイメントなんだ、ハッとさせられた。

個人的には新しく大学に入学した。
まあ想像以上に現状は変わらなかったけど。
始まりと終わりの月、新しい元号を前に、少しずつ変わっていた僕の環境も一つの場所に落ち着こうとしていた時期だと思う。

5、6月

だいたい以下の感じ。

ladder-frck.hatenadiary.com

6月

  • ゼクス無銭イベント
  • ミリオンフェアリーLV

5月がアホみたいに多い。

印象に残っているのはやっぱりZAZEN BOYS
自分のミスで2回くらいライブのチャンスを逃していたので「やっとみれたー!」という喜びがかなり大きかった。

あとはミリオンプリンセス公演。
ミリオンライブは正直真面目に追ってない上に色々あって不機嫌顔で入場したのだけど、上田麗奈さん見てたらありえないくらい笑顔になってた。
上田麗奈さんのステージでの魅力は全人類を幸せにする。

あと、サンドリオン結構行ってるけど強く印象に残ってるシーンがそう多くないことに気づいた。
どちらかというと周りのオタクに何があったとか、そういう思い出が多い。

個人的な出来事は特にない。
授業を捨て始めた頃で、大学に行かなくなっていた。
早くない?

7、8、9月

7月

8月

9月

  • 京都音楽博
  • 宇治観光(ユーフォ聖地巡礼

楽しさで言えばナナシスが限界突破だった。
好きな曲しか流れないので、文字通り気が狂ってしまった。
よくイキってライブで暴れる人がいるけど、そういう感じじゃなくて本当に楽しさで脳がショートしてそれしか感情の解放の仕方が見つからない感じ。
ああ、ライブでここまで到達できるんだ、とある種の感動を覚えた。

あとは9月の京都音楽博。
これは神ライブだった。
流れる音、そこから作られる雰囲気、京都という普段とは違う土地で音楽に身を委ねる時間が本当に気持ちよかった。
来年も絶対に行きたい。

10~12月

10月

11月

  • シンデレラ愛知公演
  • CUE! 噴水広場無銭イベント

12月

一番印象に残ってるのはペトロールズ。
これも僕のミスで2回くらいライブのチャンスを逃していたので、やっと見れたという嬉しさがあった。
トロールズは音源では楽しさがあんまりなくて、ライブで流れる音が流動的に変わっていくのが一つの完成形なので、ライブでないとえられない満足感がある。
金が無限にあるなら永遠に通いたい。
ライブ音源CDとか出さないかなぁ。そもそもCDが流通してないので難しいかな……

個人的な出来事としては、働き先が決まった。
今度からコンテンツ業界のどこかしらでやっていく予定です。

まとめ

2019年は本当に「楽しい!!!」をぎゅっと凝縮したような年だった。
去年立てた目標が「楽しいを諦めない」だったので、概ねうまく行ったのではないだろうか。
こんなに充足感のある時間が多かったのは多分初めてだった気がする。
人に恵まれたのもあるし、土地に恵まれたのもあるし、住んでる環境に恵まれたのもある。

多分こんな無茶が効くのは今年だけなので、来年からは出来るだけ取捨選択して、割り切っていきたい。
再来年度から社会人でもあるので、そこに向けて少しずつ「不自由」に体と心を慣らしていきたい。

来年の標語は「選択と勝負」です。
以上です、今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします!